審美歯科・ホワイトニング

健康で美しい白い歯に

虫歯治療で用いる金属の詰め物・被せ物、いわゆる「銀歯」は、目立つ以外にも金属アレルギーの原因になることがわかっており、近年問題視されるようになりました。同時に、お口の中から金属をなくしセラミックを使用する審美歯科治療に注目が集まっています。

審美治療は、歯を美しくしながら健康まで手に入れられる治療です。銀歯でお悩みの方は、千葉県流山市初石、東武鉄道野田線「初石駅」よりすぐの歯医者「ABC歯科クリニック」の審美歯科までご相談ください。

セラミック治療のメリットについて

金属を排除するセラミック治療には、審美面以外にもさまざまなメリットがあります。

金属アレルギーのリスクが
ない
自然で美しい見た目になり
コンプレックスを解消できる
耐久性が高く
長期的に使用できる
金属のように
歯ぐきを黒ずませない
プラーク(歯垢)が
つきにくい
美しさを維持しようとする
意欲が生まれ予防につながる
メタルフリー治療のすすめ

メタルフリー治療のすすめ

銀歯などの歯科金属は経年によってお口の中で溶け出し、金属イオンとなります。それが体内に取り込まれることで、金属アレルギーを引き起こす原因になることがわかってきました。そこで当院では、金属を一切使用しない「メタルフリー治療」をご提案しています。

また銀歯は、どうしても歯との継ぎ目にすき間ができ、そこから虫歯菌が入り込んで虫歯を再発させてしまいます。再発予防のためにも、安定性の高いセラミックを用いるメタルフリー治療が適しているのです。

当院の取り扱い素材紹介

オールセラミック
オールセラミック セラミックのみを素材としたものです。白さを調整が可能で、光の透過性を再現できることで自然な仕上がりになります。
ハイブリットセラミック
ハイブリットセラミック セラミックとレジン(歯科用プラスチック)をかけ合わせた素材です。光の透過性はオールセラミックに劣りますが、天然歯に近い硬さにできることで咬み合う歯を傷めることがありません。
ジルコニア
ジルコニア もっとも美しいといわれる、人工ダイヤモンドにも使用されるセラミック素材です。耐久性にも優れています。
メタルボンド
メタルボンド 金属のフレームの表面にセラミックを焼き付けた被せ物です。金属の強さとセラミックの美しさを兼ねそなえています。ただし光の透過性は再現できません。
ラミネートベニア
ラミネートベニア 前歯の表面を薄く削り、付け爪のようなセラミック製の薄い板を貼り付けて軽度の歯並びの乱れや咬み合わせを整える治療です。すきっ歯の方、前歯が欠けている方、またホワイトニングでも歯が白くできなかった方におすすめです。

黄ばんだ歯をきれいな白い歯に

「以前は、こんな黄ばんだ歯じゃなかったのに……」とお悩みではありませんか? そういった方には、身体に安全な薬剤で歯を白くするホワイトニングがおすすめです。興味のある方は、千葉県流山市初石、東武鉄道野田線「初石駅」よりすぐの歯医者「ABC歯科クリニック」までご相談ください。白い歯で笑顔を取り戻しましょう。

歯が黄ばむ原因

原因1
加齢
原因2
飲食物の色素
原因3
タバコのヤニ
徐々に歯の表面のエナメル質が薄くなり、もともと黄色みを帯びている象牙質が透けて黄ばんだように見えます。 コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレーなどに含まれる強い色素が徐々に沈着し、歯が着色します。 タバコのヤニが歯にべっとりとはりつき、歯を着色します。
原因4
虫歯
原因5
根管治療
原因6
抗生物質
虫歯の悪化によって、歯が黄ばむことがあります。 重度の虫歯に行う根管(こんかん)治療で神経を取り除いた歯も、徐々に変色します。 過去にテトラサイクリンという抗生物質を服用していたことがあると、歯が黄ばむことがあります。妊娠中に服用すると、胎児の歯に影響することもあります。

ホワイトニングとクリーニングの違い

ホワイトニングとクリーニングの違い

歯のクリーニングは、日ごろご自身で行うブラッシングでは落とせない歯の汚れを、専門的な器具を使って徹底的に取り除く処置であり、軽度の着色汚れはなくせても、歯を白くすることはできません。それに対し、歯の色を理想の白さにするのがホワイトニングなのです。

ご要望に合わせたホワイトニングメニューをご提案します

ホワイトニングには複数のメニューがあり、ご希望のものをお選びいただけます。

  ホームホワイトニング オフィスホワイトニング
ホームホワイトニング オフィスホワイトニング
特徴 ご自宅で行うホワイトニングです。歯型を採って製作したマウストレーに低濃度の薬剤を入れ、毎日一定時間装着します。 歯科医院で行うホワイトニングです。歯の表面に高濃度の薬剤を塗布し、特殊な光をあてて歯を白くします。
メリット
  • 白さが長続きする
  • 刺激が少ない
  • 通院せずマイペースに行える
  • 効果が現れるのが早い
  • 歯科医院で受けるため、自分で行う手間が不要
デメリット
  • 毎日自分で続ける必要がある
  • 効果が現れるまで日数が必要
  • 色の後戻りが早い
  • 数回の通院が必要
  • 知覚過敏の症状が出ることがある
ホワイトニングの注意点
  • 人工歯や神経を取り除いた歯、抗生物質によってひどく変色した歯は白くなりません。
  • 受ける方によって知覚過敏が起こることがあります。
  • 妊娠中・授乳中の方、18歳未満の方は受けられません。
  • オフィスホワイトニングでは、奥歯は白くできません。
  • 理想の白さにするには、数回の通院が必要です。

トップへ戻る