義歯

咬める入れ歯をつくりましょう~合わない入れ歯で我慢しないで~

「はめると痛い」「しっかり咬めない」「外れやすい」など、合わない入れ歯でお悩みではありませんか? お口の状態は日々変化するものであり、はじめは合っていたはずの入れ歯も徐々に合わなくなってしまいます。

千葉県流山市初石、東武鉄道野田線「初石駅よりすぐの歯医者、ABC歯科クリニックでは、一人ひとりのお口の状態にぴったり合った入れ歯(義歯)をご提案するとともに、今お使いの入れ歯の調整にも対応しています。入れ歯のお悩みは、お気軽に当院までご相談ください。

入れ歯に不満はありませんか?~入れ歯セルフチェック~

今お使いの入れ歯に満足していますか? 次のものに当てはまるものがあれば、当院までお気軽にご相談ください。

  • 入れ歯が不安定で落ちやすい
  • 歯ぐきにあたって痛い部分がある
  • ナッツ類やお肉なども痛みがなく咬める入れ歯が欲しい
  • 入れ歯の厚みが気になり、薄いものにしたい
  • 歯ぐきとの間に食べカスがはさまるのが嫌だ
  • 金属のバネが目立つのが不満

専属の歯科技工士があなたにぴったりの入れ歯を製作します!

専属の歯科技工士があなたにぴったりの入れ歯を製作します!

当院には専属の歯科技工士が在籍しており、豊富な経験と高い技術で入れ歯を製作しています。診察の際に患者さまのお口の状態を直接確認させていただいたうえで製作にあたるため、お口にぴったり合った精密な入れ歯をおつくりすることができます。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険診療になるものと自費診療になるものがあります。それぞれの特徴をふまえたうえでお選びください。

 

保険の入れ歯

保険の入れ歯

自費の入れ歯

自費の入れ歯

素材 床部分の素材はレジン(歯科用プラスチック)にかぎられます 金属やシリコンなど、選択肢が豊富です
審美性 素材、様式がかぎられているため、入れ歯だと分かりやすい仕上がりになります より自然な見た目を追求できます
耐久性 比較的低いです 高いものもつくることができます
装着感 床に厚みがあり、違和感が生じます 床に金属を使用すれば薄くでき、違和感を減らすことができます
咬み心地 咬み心地はある程度回復できます しっかりと咬めるものをつくれます

取り扱い入れ歯の紹介

レジン床
レジン床 歯ぐきにあたる床部分がレジンでつくられた保険診療の入れ歯です。上顎にあたる床が厚いため装着時に違和感があり、咬み心地や味覚の感じ方はある程度の回復となりますが、費用を抑えられる点がメリットです。
金属床
金属床 床部分が金属でつくられている自費診療の入れ歯です。床を薄くできるため軽く、装着時の違和感も少ないのが特徴です。また汚れがつきにくく、衛生面にも優れています。
ナチュラルデンチャー
ナチュラルデンチャー 目立つ金属のバネがない、自費診療の部分入れ歯です。歯ぐき部分が半透明の樹脂でつくられており、装着しても入れ歯だと気づかれにくい点がメリットです。
インプラントデンチャー
インプラントデンチャー 顎の骨に2~6本のインプラントを埋め込み、それを固定源にして装着する自費診療の入れ歯です。入れ歯のずれやもたつきがなくしっかり咬め、見た目も自然です。

正しいお手入れで入れ歯を長く保ちましょう

正しいお手入れで入れ歯を長く保ちましょう

デリケートな入れ歯を長くよい状態で維持するには、毎日正しくお手入れすることが大切です。取り扱いについては、次のことに注意しましょう。

注意1
清潔に維持しましょう
注意2
乾燥に注意しましょう
入れ歯専用の洗浄剤とブラシを用いて、毎日やさしく洗浄しましょう。歯ブラシは入れ歯には強すぎるため使わないでください。 入れ歯は乾燥に弱いため、外したときには必ず全体を水に浸してください。なお煮沸やアルコールによる消毒は厳禁です。
注意3
やさしく取り扱いましょう
注意4
定期検診を受けましょう
入れ歯は落とすと割れてしまうことがあります。取り外したとき、洗浄時などの取り扱いには十分に注意しましょう。 入れ歯は、こまめに適切な調整を行うことが必要です。定期検診をきちんと受けましょう。

トップへ戻る